【クイックリフト】トリプルエクステンションという用語は正しいのか?

ウエイトトレーニング全般

トリプルエクステンション(triple extension)の定義

クリーンやスナッチ等クイックリフトの肝となる「股関節伸展、膝関節伸展、足関節底屈」のことですが、解剖学的、運動学的には間違った用語となります。底屈は「屈曲」になるので、ダブルエクステンション&シングルフレクションが正しいことになりますか??

底屈は、一見、伸びた動き(伸展)に見えますが、解剖学的・運動学的には「屈曲」になります。足趾の屈曲や膝関節屈曲の連動性や手関節から考えると理解できると思います。手関節の屈曲は掌屈、伸展は背屈、これはわかりやすいと思います。足関節にも背屈がありますから、背屈が伸展なら底屈は屈曲となるわけです。

私も当初、トリプルエクステンションから足関節底屈は伸展と捉えていましたが、元同僚(柔道整復師、鍼灸師、体育学博士)から指摘され、勉強しなおしました。

ただ、一般的にはトリプルエクステンションのほうが、イメージしやすいと思いますので、トレーニング用語として便宜上使用することはあります。

参考:運動学第2版@南江堂, 身体運動の機能解剖@医道の日本社

コメント

タイトルとURLをコピーしました