フィジックス コンディショニングジム代表 早稲田大学水泳部/川崎新田ボクシングジムS&Cコーチ。 フィジックスコンディショニングジム トレーナーアカデミー主宰。 1990年度プロボクシング全日本新人王。 市民アスリートとして復活し、マスターズパワーリフターとして500kg(現在475kg), ロードレース愛好家として、フルマラソンサブ4(現在4:52)同時達成するため奮闘中!アベレージゴルファーでもある(ベスト87)。

解剖生理学・運動学

【生理学】運動時の疲労についてのまとめ

2022/11/23    

運動時の疲労というと、乳酸を挙げる方はまだまだ多いと思いますが、必ずしもそれだけでは、説明できません。 乳酸の第一人者でもある八田秀雄先生の著書を中心に運動の疲労について学んでいきましょう。 運動時の ...

ウエイトトレーニング ボクシング 有酸素トレーニング

【考察】プロボクサーに必要な練習とトレーニングを考える。

2022/11/23    

競技スポーツで結果を出すためには、その競技のための練習が必要です。プロボクシングでもそれは例外ではなく、ジムワーク(練習)が最重要となります。 今回は、プロボクサーになるために、そしてプロになってから ...

有酸素トレーニング

【有酸素トレーニング】ロードバイクにおける最大酸素摂取量(VO2max)を向上させるトレーニング方法

2022/10/31  

バイクによる有酸素運動について調べる機会があったので、備忘録程度ですが、まとめて共有したいと思います。 ロードレースのトレーニングの第一人者である、Dr. Jesper Bondo Medhus が考 ...

トレーニング理論 有酸素トレーニング 解剖生理学・運動学

【生理学】持久力に重要な作業閾値の意味を理解する

2022/11/24    ,

持久力を評価する基準に作業閾値というものがあります。 聞きなれない(専門)用語ですが、持久力に関して非常に重要な用語です。 今回は、この作業閾値に関するまとめになります。作業閾値を理解して、持久力を向 ...

ボクシング 有酸素トレーニング

【考察】プロボクサーの勝率と全身持久力の関係

2022/11/23    

プロボクシングにおいて、最も重要な体力要素は、「全身(心肺)持久力」であるということは、私自身の選手経験も含め、30年間変わることは有りません。 経験的に(すべて統計を取っているわけではないので)、結 ...

機能解剖学 解剖生理学・運動学

【運動学】腰の回旋には要注意~胸椎と股関節の回旋の重要性!

球技や格闘技は、回旋運動を伴うものがほとんどで、よく腰を回すという表現がされます。 この「腰を回す」または「腰の回旋運動」を紐解いていきましょう。 キネマティックチェーンとキネティックチェーン 脊柱の ...

© 2022 S&Cコーチ長澤誠浩オフィシャルブログ~Go the Distance! Powered by AFFINGER5