【有酸素トレーニング】プロボクサーの運動強度設定の実際

有酸素トレーニングの強度

有酸素トレーニングの強度については、下記にまとめたが、実際の使用例について

有酸素トレーニングの強度について
運動強度は、
①物理的強度(速度,仕事率)
②生理的強度(心拍数, VO2max)
③主観的強度(Borgスケール)
であるが、アスリート(プロボクサー)の持久力トレーニングにおいても物理的速度と主観的強度を重視している。

プロボクサーのトレーニング

ボクサーのトレーニングは通常二部連で、早朝のロードワークが自主トレーニングになる。ランクやレベルにもよるが、5~10km/回で5~6回/週行うのが通常である。強度はLTベースでさらにスプリント等を絡める選手が多いと思われ、60〜90分程。夕方・夜間はジムワークで1R3分、レスト1分のインターバル(試合)形式で有酸素ベースのトレーニングが主で約2時間である。

物理的運動強度~速度重視

週1回持久力の強化として合同ラントレを行っているが、時期にもよるが主にインターバルトレーニングを処方することが多い。基本的には距離走で、時期とレベルにより400m~4kmの距離と本数を使い分ける。LTベースのトレーニングを下限として、その速度は軽量級選手では4:30/kmすなわち13.3km/h。インターバルトレーニングにおいては距離に応じて3:20~4:00/kmすなわち15~18km/h辺りまで強度を上げる。中重量級選手や女子選手は若干遅い速度となる。

主観的運動強度~ボルグスケール

もう一つ重要視しているのが主観的強度であるが、さすがにプロは心理的限界が高く、Borgスケール15(修正スケール5程度)であれば心拍数は160拍/分後半までは上げれると思われる。Borgスケール18(修正スケール8程度)で180拍/分以上と捉えている。LTが15, ロングインターバル(2km~4km)が16,17, ミドル(800~1000m)で17,18, ショートは400~500mで18以上と設定している。

生理的運動強度~心拍数

個人で心拍数時計を所有しているものは、トレーニング内容において数値を指定している。目安はBorgスケールの約10倍であるが、1セット目の心拍数を見て微調整をする感じである。サーキットトレーニングやジムワーク(サンドバック等)では心拍数と主観的強度が有効で、当然、物理的強度は意味を成さない。

参考:
・ストレングストレーニング&コンディショニング第4版@NSCA JAPAN
・ストレングス&コンディショニングⅠ理論編@NSCA JAPAN

コメント

タイトルとURLをコピーしました