フィジックス コンディショニングジム代表 早稲田大学水泳部/川崎新田ボクシングジムS&Cコーチ。 フィジックスコンディショニングジム トレーナーアカデミー主宰。 1990年度プロボクシング全日本新人王。 市民アスリートとして復活し、マスターズパワーリフターとして500kg(現在475kg), ロードレース愛好家として、フルマラソンサブ4(現在4:52)同時達成するため奮闘中!アベレージゴルファーでもある(ベスト87)。

ウエイトトレーニング トレーニング理論 書籍レビュー

【書籍レビュー】「トレーニング・メソッド」ウエイトトレーニングの王道が学べる石井直方教授の優良書

2022/1/17  

「トレーニング・メソッド」、地味なタイトルではありますが、かの石井直方教授の良書で、トレーニングマガジン(ベースボールマガジン社)Vo1~Vo8の「筋肉ゼミナール」を再編集した書籍です。 かなり前に出 ...

トレーニング理論 フィットネス・健康 有酸素トレーニング 栄養学 解剖生理学・運動学

【生理学】ランニングにおける消費エネルギー(カロリー)の計算方法

2022/1/3    

運動における消費は、強度、時間、体重等により決定します。下記の式からある程度の消費エネルギーは推測できすが、正確な数値は出すことはできません。あくまでも目安として捉えておく必要があります。 消費エネル ...

トレーニング理論 有酸素トレーニング

【ランニング】Heel Striker・ヒールストライカー~かかと接地走法

2022/1/3    ,

ランナーの接地は、基本的には以下の3種類になります。 Heel Strike Fore Foot Mid Foot どの接地が最適化を考えていきましょう。 Heel Striker~ヒールストライカー ...

有酸素トレーニング

【ロードレース】公認レースと非公認レースのメリット・デメリット

2021/12/8    

コロナ禍のため、昨年、一昨年と大きな公認レースは軒並み中止になり、現在は少し落ち着いてはいますが、再拡大の可能性の否めません。結果、公認レースも規模を縮小して、10kmレースまでにしている大会もちらほ ...

パーソナルトレーニング論

【パーソナルトレーニング論】トレーナーの分類とタイプを理解する

2022/1/13  

一言でトレーナーといっても様々です。 アスレティックトレーナー、パーソナルトレーナー、コンディショニングトレーナー、ボクシングコーチもトレーナーと言われています。 しかし、実際の業務は、それぞれ似て非 ...

器具・製品レビュー 有酸素トレーニング

【製品レビュー】Mizuno バイオギア8000Ⅱ

先のブログにも書きましたが、コンプレッションタイツは5着所有しています。 ミズノバイオギア8000Ⅱ(ロング) ミズノバイオギア8000(セミロング) ミズノバイオギア5000(ロング) アンダーアー ...

© 2022 S&Cコーチ長澤誠浩オフィシャルブログ~Go the Distance! Powered by AFFINGER5