【生理学】触媒と酵素の違い

触媒と酵素

触媒(catalyst)は、大辞林によると「それ自身は変化しないが、他の物質の化学反応の仲立ちとなって、反応の速度を速めたり遅らせたりする物質」とある。

酵素(enzyme)はトレーニング用語辞典(Weider)によると、「生体に存在するタンパク質性の触媒で、生体触媒として作用する」とある。この定義がすべてを語っていて、酵素は生体内での触媒である

酵素と補酵素

多くの酵素は、アポ酵素に補酵素が結合してホロ酵素となる(アポ酵素+補酵素⇒ホロ酵素)。

アポ(apo-)は「分離」を表す接頭語で酵素としては不完全な状態(酵素として機能しない)である。

補酵素(coenzyme)のco-は「共」を表す接頭語である。補酵素となると、アポ酵素を補うものまたは従属していると捉えがちであるが、位置づけとしてはアポ酵素と補酵素は対等となる。むしろ意味や役割からは「共酵素」のほうが正しいのかもしれない。

補酵素はビタミンやミネラルが担うことが多いが、特にミネラルの場合は補因子(cofactor)ということもある。ちなみにゴルフでよく見る「co-leader」はトップ(1位)タイのこと。このことからも補酵素という訳は適当でないと思われる(どうすることもできませんが)。

ホロ酵素のホロ(holo)は完全を意味する接頭語、基本的に酵素と呼ばれるものはこのホロ酵素を指すことになる。

出典・引用・参考
・大辞林@三省堂
・トレーニング用語辞典@Weider
・アスリートのための最新栄養学(下)@山本義徳

コメント

タイトルとURLをコピーしました