【機能解剖学各論】指と趾(ゆびの解剖学的名称)

解剖学・生理学・運動学

指と趾

「指」と「趾」、どちらも「ゆび」または「し」と読む。手の「ゆび」を指、足の「ゆび」を趾と書く(足指で一般的には間違いではないと思われるが、医学的・解剖学的には「趾」が適当)。

手の指は、通常「親指」「人差し指」「中指」「薬指」「小指」と書き、訓読みをするが、正式な和名は「母指」「示指」「中指」「薬・環指」「小指」と書き、音読みをする。

示指(じし)は「しし」とも読めるが(私は最初、この読み方で習いました)、「四肢」と間違える可能性があるので「じし」のほうが適当でしょう。

同じように足趾も書けるのかもしれないが「示趾」「環趾」は正しいとは言えない。

英語は、指は「finger」で、趾は「toe」となるが、解剖学的英語は両方とも「phalanges複数, phalanx単数」である。

足の関節に関してはこちらを参照

指と趾 一覧表

手指和名(音読)英名通称(訓読)
第1指1st finger母指thumb親指
第2指2nd finger示指index finger人差し指
第3指3rd finger中指middle finger中指
第4指4th finger薬指・環指ring finger薬指
第5指5th finger小指little finger小指

 

足趾和名(音読)英名通称(訓読)
第1趾1st toe拇趾hallex, great toe拇趾
第2趾2nd toelong toe
第3趾3rd toe中趾*middle toe中趾
第4趾4th toe
第5趾5th toe小趾little toe小趾

*中趾は、意味としては分かりやすいが、使用しないという表記もあります。

参考:骨単@河合良訓(監修)

コメント

タイトルとURLをコピーしました