【フィットネス・健康】BMIから評価する肥満の定義

肥満(Obesity)とは体を構成する成分のうち、脂肪組織の占める割合が過剰に増加した状態をいい、BMI(Body Mass Index:体格指数)で分類されます。

日米で違う肥満の分類

BMI は、体重(kg)÷身長 2(m2)で求められ、NSCA やアメリカスポーツ医学会(ACSM)によると、30 以上を肥満と定義しています。肥満は更に以下の 3 段階に分類されます。

また、BMI(kg/m2)が 25~29.9 は体重過多(または過体重:Over Weight)と分類されます。BMI と体重過多および肥満の分類を以下に示します(出典:NSCA パーソナルトレーナーの基礎知識第2版)。

BMI分類
~18.5標準体重以下(痩せ)
18.5~24.9標準体重
25~29.9過体重
30~34.9肥満Ⅰ(軽度)
35~39.9肥満Ⅱ(中度)
40~肥満Ⅲ(極度)

なお、厚労省や日本肥満学会では、体重過多は使用せず、肥満度Ⅰ~Ⅳで分類しています(過体重を肥満度Ⅰとしている)。

肥満と体重過多の違いは、脂肪組織量更に除脂肪組織に対する脂肪組織の割合の違いとしています(NSCA, ACSM)。

BMIの問題点

BMI は身長と体重だけで決定し、体組成を考慮していないので、評価に関して限界はあります。筋量の多いアスリートなどは体脂肪率が低いにも関わらず体重過多や肥満の分類になることもままあります。私自身はBMI27, 体脂肪率17%程度ですので、BMIだけ見ると過体重または肥満度Ⅰです。自分で言うのもなんですが、決して肥満のレベルではないです(^^ゞ

最近では、むしろFFMI(除脂肪体重指数)で評価することも増えています。

参考:BMIとFFMI, LBMとFFM

体脂肪率からみる肥満

また、肥満は体脂肪率で考えることが多いと思います。体脂肪率で考えると、一般的(NSCA等基準)には男性 20%, 女性 25%以上で肥満と考えるようですが、年齢によってはこの数値が厳しい場合もあります。それでも男性 25%, 女性 30%は出したくないものです。

家庭用の生体インピーダンス法が最も簡易で一般的ですが、正確性には限界があります。目安としてとらえるといいと思います。NSCA ではキャリパーを用いた皮脂厚法を推奨していますが、これにも問題はあります。測定者(トレーナー)の技量により誤差が出てしまう可能性が大いに考えられます。

参考:
・厚労省 HP
・NSCA パーソナルトレーナーの基礎知識(第 2 版)
・運動処方の指針(第7版)

コメント

タイトルとURLをコピーしました