【NSCA-CPT受験対策】⑥第7章栄養に関する問題(クライアントに対する面談と評価)

トレーナー学

第7章は「パーソナルトレーナーにおける栄養」というテーマで、分野としては「クライアントに対する面談と評価」となります。冠状動脈の問題に比べると、問題数は少ないが押さえておかなければならない章です。

出題範囲と傾向

受験テキスト付属のガイドラインによると、出題範囲は「基礎的な栄養調査」という項目で

  1. パーソナルトレーナーの栄養に関する提言における指導範囲
  2. クライアントの食習慣を見直し検討する方法
  3. 栄養、サプリメント、栄養摂取のタイミング、および1日の必要カロリーに関して、査読された情報源から得た基本的知識の伝達
  4. 摂食障害の徴候と症状の認識
  5. 適切な健康管理専門職へのクライアントの照会、あるいは助言要請

とあります。

上記からもわかるように、栄養素の役割・機能についてはほとんど出ないと考えられます。計算問題が中心となり、まずは覚えておきたい数値として、三大栄養素(炭水化物C, 脂質F, タンパク質P)に関するもの。ビタミン・ミネラルの摂取量に関してはほぼ出ないと思っていいでしょう。

表. 三大栄養素で覚えるべき数値(パーソナルトレーナーのための基礎知識第2版)

炭水化物脂質タンパク質
エネルギー4kcal/g9kcal/g4kcal/g
摂取量一般5~6g/kg0.83g/kg
アスリート7~10g/kg1.2~2.0g/kg
摂取比率50~60%20~30%15~20%

*摂取比率に関しては、明確な記載は無いので、一般の栄養学テキストから推測。

摂取カロリーと消費カロリー

摂取カロリーは、三大栄養素の総和です。簡単な計算なので間違わないように(炭水化物の摂取量 x 4, 脂質の摂取量 x 9, タンパク質の摂取量 x 4)しましょう。

消費カロリーは、

安静時代謝+活動代謝+食事誘導性熱産生(DIT)で求められます。

安静時代謝と活動代謝は面倒くさい計算式がありますが(P123表7.2, P124表7.3)、これで計算することは無く(必要ないので飛ばしてください)、問題に数値が載っていることが多いです。DITは総消費カロリーの7~10%とありますが、計算に含まれないこともあるので、選択肢から判断してください。

**NSCAにおいては、安静時代謝は基礎代謝と捉えて問題ありません。参考:基礎代謝と安静時代謝

摂取比率(PFC比)

摂取比率(PFC比)は、各栄養素の摂取カロリーを総摂取カロリーで除すれば求められます(例 Cの摂取カロリー÷総摂取カロリー x 100)。

その数値から食事内容に関するアドバイスができるようになればOK(脂質が多い、タンパク質が少ない等)。

ダイエットの原則(体重の増減)

また、頻出問題として、上記消費カロリーと摂取カロリーの収支の差による体重の増減を読み取ることが重要です。

ダイエットの原則は以下の3つ(実際には2, 3だけ理解すれば◎)

  1. 消費カロリー = 摂取カロリー:体重(厳密には体脂肪)の増減無し
  2. 消費カロリー > 摂取カロリー:体重(厳密には体脂肪)減少
  3. 消費カロリー < 摂取カロリー:体重(厳密には体脂肪)増加

水分摂取について

水分摂取については、ガイドラインそのまま覚えておけば👍 練習前・中・後のガイドラインがありますが、練習後が最も出ると思います。以下の表を押さえておきましょう。

表. 水分の摂取タイミングと摂取量(パーソナルトレーナーのための基礎知識第2版)

摂取タイミング摂取量目安
練習前4時間前5~7ml/kgコップ1~2杯
2時間前3~5ml/kg(200~500ml)
練習中こまめにとる
練習後できるだけ早く600~700ml/lb体重減少分よりやや多め

*ib:ポンド→0.45kg(2lb→900g, 約1kg)

通常、のどの渇きは脱水の始まり(1%の脱水)と考えますが、NSCAではのどの渇きよりも気温と湿度を重要視します。

増量と減量

増量に関しては、除脂肪体重1ポンドの増量で、2,500kcalのカロリーが必要です(1lb=2500kcal, 2lb(900g)=5000kcal)。

減量に関しては、

1lb(450g)/週の減量には500kcal/日 or 2lb(900g)/週の減量に1,000kcal/日の消費が上回る必要があると示唆しています。もちろんのこの数値は摂取カロリーを減らすか、消費カロリーを増やすことになります(またはその収支の差)。

もう一つのガイドラインは、体重の1%/週のペースで減量すること

その他、摂食障害については19章を目を通してください(P548, 549)

NSCA-CPT受験対策~パート別傾向と対策

NSCA-CPT試験の特徴と傾向

NSCA-CPT試験 第9~11章(測定と評価)

NSCA-CPT試験 第13章レジスタンストレーニングのエクササイズテクニック

NSCA-CPT試験 第14章 有酸素トレーニングマシーン

NSCA-CPT試験 第15章レジスタンストレーニングのプログラムデザイン

NSCA-CPT試験 第16章有酸素運動のプログラムデザイン

NSCA-CPT試験 第18章高齢者・妊婦のプログラムデザイン

NSCA-CPT試験 第24・25章 施設・メンテナンス・法律

引用・参考:パーソナルトレーナーのための基礎知識第2版@NSCAジャパン(ブックハウスHD)

より詳しく知りたい方は、フィジックスコンディショニングジムのセミナーおよびオンラインセミナーをご検討ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました