【機能解剖学各論】足の骨と関節名の簡単な覚え方

解剖学・生理学・運動学

足の骨は、片足26個、両足52個からなり、206ある骨の約1/4に当たります。手も同じような構造なので、これらを覚えれば半分の骨をクリアしたことになります。今回は、足の骨と関節名の簡単な覚え方を紹介します。

7種類26個で構成される足の骨

足の骨の構成は

  • 足趾を成す「趾骨5本」
  • 足の甲に当たる「中足骨5本」
  • 下腿(脛骨と腓骨)と中足骨を繋ぐ「足根骨7本」

これだと17本になってしまうので、趾骨は5本ではなく合計14本(母趾2本、その他各3本)で覚え、その構成は以下の通りです。

  • 近位の「基節骨5本」
  • 真ん中の「中節骨4本」
  • 末端(遠位)の「末節骨5本」

足根骨は5種類7本

足根骨は近位から

  1. 踵骨(しょうこつ)→足関節を構成する骨としても重要。
  2. 距骨(きょこつ)→足関節を構成する骨としても重要。
  3. 舟状骨(しゅうじょうこつ)→二列目内側、内側縦アーチ。
  4. 立方骨(りっぽうこつ)→二列目外側、外側縦アーチ。
  5. 楔状骨(けつじょうこつ)→遠位内側に位置し3つある。内側・中間・外側または内側から数えて第1、第2、第3という記述も可。

覚えるべき6つの足の関節名

足の関節は多いが、覚えるべき関節は以下の6つです。

  1. IP関節
  2. PIP関節
  3. DIP関節
  4. MP関節
  5. リスフラン関節
  6. ショパール関節

関節は英語を理解すると覚えるのは比較的楽。
趾骨は「Phalanges・phalanx(単数)」、中足骨は「Metatarsals」と言う。mata-は「後ろ」を表す接頭語。Tarsals(足根骨)の後ろ(遠位)にあるということになるが、強引であるが足根骨と趾骨の間・(中)と捉えてもいいのではないだろうか。

IP, PIP, DIP, MP関節

趾節間関節は拇趾の関節、言い換えると基節骨と末節骨からなる関節なので「InterPhalangeal Joint」となり略して「IP関節」。Inter-は「間・between」を表す接頭辞、これを理解しておくと便利。

2趾から5趾は各3つの骨があります。基節骨と中節骨の関節は「近位趾節間関節」で近位を表す「Proximal」を使用して「PIP関節」、中節骨と末節骨間は「遠位趾節間関節」で遠位を表す「Distal」を用いて「DIP関節」となります。

中足趾節関節」は「Metatarsals Phalangeal」から「MP関節」です。

リスフラン関節とショパール関節

足根中足関節は「Tarsals Metatarsals」からTM関節と呼んでも良さそうだが、何らかの功績のあったフランスの外科医Dr. Lisfrancの名前で呼ばれます(手の手根中手関節はそのままCM関節と呼ぶ。*手根骨はCarpals)。中足骨と関節を成す骨は「立方骨」と「楔状骨」です。

横足根関節(踵骨・距骨-舟状骨・立方骨間)は、同じようにフランスの外科医Dr. Chopartの名前を使用します。

その他の関節

その他にも、足根間関節(距骨下関節、踵立方関節、楔立方関節、距踵舟関節、楔舟関節)がありますが、まずは上記の関節を押さえれば問題はありません。足根間関節は、骨の名前と位置を押さえておけば必然的に出てくるはず、、、、基本的に関節名は骨と骨に名前を繋げ、そして基本的には大きい骨を前にします。

趾に関する記事はこちらを参照

足の骨(26本)のまとめ

趾骨phalanges(14)
基節骨proximal phalanges(5) 単数形はphalanx
中節骨middle phalanges(4)
末節骨distal phalanges(5)
中足骨metarsals(5)
足根骨tarsals(7)
距骨talus(1)
踵骨calcaneus(1)
舟状骨navicular(1)
立方骨cuboid(1)
楔状骨cuneiforms(3)
種子骨*sesamoido bone

種子骨は通常第1中足骨骨頭に見られるが、ほかの骨に付着していることもあります。腱や靭帯内にあるので骨の個数には含まれない模様。

足の主要関節のまとめ

趾節間関節Inter Phalangeal Joint(IP)
近位趾節間関節Proximal Inter Phalangeal Joint(PIP)
遠位趾節間関節Distal Inter Phalangeal Joint(DIP)
中足趾節関節MetatarsoPhalangeal Joint(MP)
足根中足関節Lisfranc Joint
横足根関節Chopart Joint

参考・引用
・骨と関節のしくみ・はたらきパーフェクト事典@岡田隆
・骨単@河合良訓(監修)
・身体運動の機能解剖@Thompson/Floyd
・運動療法のための機能解剖学的触診技術(下肢・体幹編)@林典雄

コメント

タイトルとURLをコピーしました