【スポーツ傷害】脱臼と亜脱臼の定義について

本日、指導中(トレーニング中では無く、練習・スパーリング中)に亜脱臼が出たので、その備忘録。

脱臼と亜脱臼

脱臼とは、外力により関節が正常位置から逸脱した状態のことである。また亜脱臼は、①外力により関節が正常位置から一旦逸脱するが、元の状態に戻ることや②部分脱臼と定義することができる。通常、捻挫や挫傷を併発する。今回は①、②の2つが重なった状態であった。

ボクシングとアメフト

初めての部分脱臼(前方と思われる)だったので、入るかどうかわからなかったが、内転・内旋位で運よくすぐに整復した。軽量級のボクサーで筋量が少なく、筋委縮が無かったのが幸いしたか?以前、アメフト選手の前方脱臼で、再発だったにもかかわらず、筋量が多くて中々整復できなかった事例を見たことがある。整形外科で色々試したが、整復できず、結局、麻酔を打ち筋弛緩させて整復したとのこと。2時間かかったと記憶している。激痛だったらしい。。。

その他

痛みもさほどなく、重傷ではないと思われる。念のため、初回であるため、整形外科での診断を推奨した。応急処置は三角巾固定とRICE。明日一番で整形外科に行ってくれるとのこと。

柔道整復学(理論編)によると、1週間の冷湿布。その後、温熱・手技療法、手指・肘関節の自動運動からCodman等肩関節自動運動とあり、全治2か月とのこと(脱臼の場合)。

参考:トレーナーズバイブル@アーンハイム

コメント

タイトルとURLをコピーしました