【書籍レビュー】推薦書~自分でつくる筋力トレーニングプログラム(アスリート編)

ウエイトトレーニング全般

大恩ある著者の隠れた名作。
「自分でつくる筋力トレーニングプログラム」 有賀誠司著 山海堂(2004)
数少ないプログラムデザインに特化した優良書。アスレート編(写真右)の方が詳しくてオススメです。

概要

プロローグ「トレーニングプログラムはこうして作られる」:以下の本章のまとめから入ります。実際のプログラム作成の概論がわかります。

第1章「プログラム作成にあたって」⇒ウエイトトレーニングの目的と効果について。トレーニングに関する基礎知識です。

第2章「筋力トレーニングの流れ」⇒実際の社会でも役に立つ「PDCAサイクル」とニーズ分析について。

第3章「プログラム作成のための基礎知識」⇒この本の肝となる章。プログラムデザインの基礎がすべて解説されています。超お薦めの章!

第4章「スポーツ選手の年齢に応じたプログラム例」小中高校生別プログラムデザインの考え方について。

第5章「スポーツ動作と競技に応じた専門的エクササイズ」パワー期を中心とした専門期のプログラムデザインについて。最近流行り?のファンクショナルトレーニングが含まれるのかもしれない。

第6章「ケース別プログラム作成アドバイス」質疑応答、Q&A的な内容です。

第7章「エクササイズリスト」付録的な感じです。エクササイズに関しては、他書を参考にしたほうが良いでしょう。

その他

読みすぎてボロボロ。アスリート編があるば、フィットネス編は必要無いかもしれません。被るところも多く、アスリート編のほうが詳しいです。フィットネス編は次回にでも。

惜しむらくは絶版で、アマゾン等で中古でしか手に入りません。個人的にはベストの分類だが、マイナーなので安いです。出ているときは買い時ですよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました