エネルギー代謝

栄養学 解剖生理学・運動学

【生理学】生体エネルギー論入門3~無酸素性代謝2 解糖系

生体内のおけるエネルギーの流れをあつかう学問である生体エネルギー論。エネルギー代謝やエネルギー供給機構・供給システム等とも呼ばれますが、なかなかわかりにくい学問です。 前回は無酸素性代謝のATP-CP ...

栄養学 解剖生理学・運動学

【生理学】生体エネルギー論入門2~無酸素性代謝1 ATP-CP(Phosphagen)系

生体内のおけるエネルギーの流れをあつかう学問である生体エネルギー論。エネルギー代謝やエネルギー供給機構・供給システム等とも呼ばれますが、なかなかわかりにくい学問です。 第1回目は、概論および理解してお ...

栄養学 解剖生理学・運動学

【生理学】生体エネルギー論(エネルギー代謝)入門1~概論と専門用語

生体内のおけるエネルギーの流れを扱う学問である生体エネルギー論。エネルギー代謝やエネルギー供給機構・供給システム等とも呼ばれますが、なかなかわかりにくい学問です。 運動における代謝特性を知ると、アスリ ...

no image

解剖生理学・運動学

【生理学】触媒と酵素の違い

触媒と酵素、知っていそうで実は細かいことを理解していない場合があります。この2つに用語を確認しましょう。 触媒(catalyst)は、大辞林によると「それ自身は変化しないが、他の物質の化学反応の仲立ち ...

no image

解剖生理学・運動学

【生理学】ATPの産生数(2, 3, 4, 34, 36, 38, 39, 40)を考える

ATPは筋肉の直接のエネルギー源であるが、テキストブックを読むとATPの産生数がまちまち(間違いではない)である。私もそうだったが、その数が混乱をきたすので整理してみたい。 解糖系のATP産生数(2, ...

© 2022 S&Cコーチ長澤誠浩オフィシャルブログ~Go the Distance! Powered by AFFINGER5