【製品レビュー】コンプレッションタイツの効果と寿命

コンプレッションタイツの目的・効果

マラソン等長距離ランニングには欠かせないコンプレッションタイツ。大きく分けて2つの目的がある。

  1. 関節サポート:関節(特に腰椎・骨盤と膝)を安定させることで、腰痛や膝痛防止目的のタイプ。関節保護を求める人が最も多いのではないだろうか。
  2. 筋肉サポート:身体(筋肉)に適度な圧力をかけ、循環機能を促進させる(ミルキングアクションの補強)ことや筋肉の振動を抑えることで、疲労軽減や疲労回復を促すタイプ。私は体感的にはこちらを求める。

速乾性、吸水性、保温性は当然あり、防紫外線効果もハイグレードのものにはあるものが多い。その他、細かい違いはメーカー・ブランドによりけりである。

コンプレッションタイツの寿命

タイツの寿命は、もちろん使用頻度にもよるが、3年程度とのこと。頻度が少なくても素材の劣化はあるようで、大体3年前後になるよう模様。

私自身は、計5着所有していて、ミズノ:バイオギア8000Ⅱ(ロング), 8000(セミロング), 5000(ロング)、アンダーアーマー種類不明(シークレットセールで2着購入、記憶によると販売しているものの中ではコンプレッションは強いタイプだが、バイオギアには程遠い)。ユニクロのヒートテックも使用するが、これは保温効果のみで、サポート機能はほぼ無いと考えられる。

コメント

  1. […] 先のブログにも書いたが、計5着所有している。ミズノ:バイオギア8000Ⅱ(ロング), 8000(セミロング), 5000(ロング)、アンダーアーマー種類不明(シークレットセールで2着購入、記憶によると販売しているものの中ではコンプレッションは強いタイプ、バイオギアには程遠い)。 […]

  2. […] 先のブログにも書いたが、コンプレッションタイツは5着所有している。ミズノ:バイオギア8000Ⅱ(ロング), 8000(セミロング), 5000(ロング)、アンダーアーマー種類不明(シークレットセールで […]

タイトルとURLをコピーしました