【栄養学】不飽和脂肪酸の名前の意味

脂肪酸の分類

脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられ、さらに不飽和脂肪酸は一価と多価に分けられるのは周知の通り。一価不飽和脂肪酸は構造上二重結合が一つで、多価不飽和脂肪酸は二つ以上のものを指す。さらに最初の二重結合の位置によりn(ω)-3系やn(ω)-6系という分類もする。

脂肪酸の名前の付け方

n-3系のEPA(IPAという表記もある)やDHAから名前の由来を考えていきたい。
EPAの正式名称は、Eicosapentenoic acid, DHAはDocosahexaeneoic acidである。
Acidは酸を、-eneは二重結合を –oicはカルボン酸を意味する。

Eicosa(またはIcosa)-とDocosa-は数を表す接頭語でそれぞれ20と22を意味する。この数は脂肪酸の炭素数を表す。次にpenta-とhexa-も数を表す接頭後で、それぞれ5と6を意味する。これは脂肪酸の二重結合数を表すものである。

必須脂肪酸であるα-リノレン酸やアラキドン酸も正式(化学)名はそれぞれ、octadecatrienoic acid, eicosatetraenoic acidとなる。
Octadega-18, tri-3, tetra-4を表す。

以下に数を表す接頭語の一覧を示す。

1mono or hen11undeca21henicosa40tetraconta
2di or do12dodeca22docosa50pentaconta
3tri13trideca23tricosa60hexaconta
4tetra14tetradeca24tetracosa70heptaconta
5penta15pentadeca25pentacosa80octaconta
6hexa16hexadeca26hexacosa90nonaconta
7hepta17heptadeca27heptacosa100hecta
8octa18octadeca28octacosa200dicta
9nona19nonadeca29nonacosa500pentacta
10deca20(e)icosa30triaconta1000kilia

参考
・基礎栄養学@田路陽一(羊土社)
・生化学改訂第2版@薗田勝(羊土社)

コメント

  1. […] 不飽和脂肪酸には、一価と多価不飽和脂肪酸に分類され、これは二重結合の数により分類されると前に記した。表題のn-3,6,9やΩ3,6,9不飽和脂肪酸はその二重結合の場所を表すとも同記事に書いた。この二重結合の場所については、二通りの考えがあるので整理したい。 参考:不飽和脂肪酸の名前の意味 […]

タイトルとURLをコピーしました